技術キーパーソンインタビュー
藤井 隆志

経営戦略本部
イノベーション推進部長

藤井 隆志

IT技術者のチャレンジの場として、
関電システムズの可能性を知ってほしい。

電力業界のシステムは、社会に与える影響が広く大きいため、何よりもまず信頼性が優先されてきました。
しかし近年、電力の小売り全面自由化や競争激化に伴う電力の販売価格の下落など様々な環境変化により、
これまでの風潮が大きく変わろうとしています。
そこで各業務にデジタル技術を取り入れ、柔軟な発想力で新たな価値を創造したり、
更なる効率化や事業の革新を行うデジタルトランスフォーメーション(DX)により、
ITがビジネスを変革することが求められています。

関西電力の課題解決に貢献するために提案力、技術力を徹底強化

藤井 隆志
 私たちは、関西電力に最も近いIT会社として、関西電力が掲げるDXの推進をサポートしていくという、大きな使命に立ち向かっています。管理・間接業務などの現場の仕事が中心であったこれまでと違って、関西電力の本業の支援にも大きく力を注いでいかなければなりません。関西電力は組織的には分社化の方向にあるため、IT部門ではなく各事業部に提案していく提案型企業への転換も差し迫った課題です。
 変革の現場では、第一にスピードが求められており、ユーザーとの繋がりの中でアップデートを繰り返していくSoE(System of Engagement)の開発においては、手法もウォーターフォール型からアジャイル型へとシフトしています。弊社も事業部門のユーザーと共に仕様を決め短期間で開発していく新手法DevOpsの導入を進めています。
 このようにして、すでに動き始めたシステム化において中心的な役割を果たすと同時に、一方では最新技術の恒常的なウォッチにも力を注いでいます。AIやIoTに代表される有望な技術を検証し、多岐にわたる電力業務のどこにどのように応用できるのかを考え、提案して、関西電力の課題解決に貢献することが目標です。そのためには、大学などの研究機関やベンチャーと連携を図っていくことも重要です。

技術者一人ひとりの熱い想いが、日本のインフラ未来支える力

藤井 隆志
 もちろん、技術者のレベルアップも大きな課題です。実務の中で新技術を内製化していけるよう、技術調査のためのセミナーやコミュニティへの参加などを強力にバックアップしています。関西電力の関連部門や独自の強みを持つ他のSIerへの出向など、成長につながるジョブローテーションの整備も進んでいます。
 技術はあくまでも物事を解決する手段であり、目的は、直のユーザーの助けとなって喜んでもらい、引いては電気事業の支えとなって社会貢献を果たしていくことです。このため、当社の技術者は、技術に精通すると共に、発電から小売まで電気事業のあらゆる現場に入り込み、技術の活かし方を提案していかなければなりません。黒部ダムなど、従来ほとんど踏み込むことのなかった発電の現場に足を運ぶ機会も増えてきています。
 全ては始まったばかりで、何もかも自分たちで創り上げていけることも大きな魅力でしょう。目まぐるしく進化するITの最先端を追い続けることが理屈抜きに好きで、リアルな現場にそれを応用し、新技術を社会に活かす手応えを実感したいという人にとって、大きなやりがいが待つ、変化に富んだフィールドが広がっています。
電力業界のIT革新を一緒に実現していただける若い力を求めています。