竹内 奈々

攻めの姿勢で、
関西電力とともに
システムを
開発していきたい。

理工学部 情報システム工学科 卒
2007年入社
電力ビジネス統括部 計画グループ
山中 佳行
電気は、家庭や企業にとってなくてはならないもの。そんな電気を安定供給するためのシステムを担うのが私たちの使命です。仕事を通じて社会に貢献できるのは、当社ならではのやりがいだと感じています。
「魂」を込めた報告資料で 部門全体を動かす。
担当業務はオフショア開発推進から生産性向上施策の検討・推進、収支や稼働率の管理など多岐にわたります。自分で直接実施するのではなく、様々な業務の取りまとめが多いのですが、出てきた内容をそのまま報告するのではなく、分析や指標・課題、今後どうするかなど「魂」を込めて報告資料をまとめるようにしています。以前は、自分の技術をアピールしたいという気持ちが先行した資料を作成してしまうこともありました。しかし、相手に応じて伝わる資料を作成できなければ、合意を得ることも難しくなります。そこで、依頼内容を明確化し、後からまとめやすいように工夫しています。
依頼や報告をする相手は上層部や他部門にわたり、自分が検討した管理・運用が部門全体を動かすということも少なくありません。やりがいを感じる反面、もし失敗すれば多大な迷惑をかけることになるので、責任感をもって日々の業務に取り組んでいます。
山中 佳行
山中 佳行
新たなチャレンジを重ね、
成長していける環境がある。
開発したシステムを導入提案したり、新組織データベースチームの立ち上げに携わったり、海外へ最新技術の動向調査に行ったりと新たなチャレンジができることもこの仕事の面白さです。初めて従事する業務や前例のない業務が多い分、ゴールは自分で設定しなければいけませんが、新たな業務を任せてもらえることは大きな喜びになっています。
今、関西電力ではシステム開発の高速化と効率化、ならびにデジタライゼーションの推進を掲げています。当社も守りの姿勢でいるのではなく、コンシューマ向けのスピード重視のシステム開発、つまり攻めのITへの取り組みをはじめています。これまでの受託型だけではなく、提案型の仕事を行っていく必要があり、私自身も今までシステム開発・統括で培った技術と管理スキルに加え、提案スキルも備えたユーティリティプレイヤーを目指しています。関西電力と一緒に最新技術を導入したコンシューマ向けのシステムを開発し、社会に貢献していくことが今後の目標です。
ある1日のスケジュール
パソコンを起動して
スケジュール・メールをチェック
ミーティング。
業務進捗・予定をメンバーと打ち合わせ
課題・打ち合わせ
内容を検討
昼食&昼寝
関係箇所との
打ち合わせ
報告・会議資料作成
会議(部門全体周知事項、課題に対する今度の進め方についてディスカッション)
社内システムの
プログラム改修
業務を整理して退社