徳永 大嗣

社会インフラの
安定供給を支える
責任感を日々実感。

工学部 数理デザイン工学科/人間発達環境学研究科 人間発達専攻
2018年入社
発電システム部 火力システムグループ
徳永 大嗣
就職活動の際には、大きなバックグラウンドのもと、ITを使って業務を支える仕事をしたいと考えていました。ワークライフバランスを重視している会社で働きたいという思いもあったので、当社の仕事内容と働き方はまさに希望通りでした。
任された仕事は、
正確かつ丁寧に。
現在、火力発電所で使われるシステムの開発を行っています。主な仕事内容としては、まず関西電力のニーズを整理した要件定義を設計書に落とし込む基本設計を行います。そして、作成した設計書を用いて関西電力に説明し、了承を得られると、さらに詳細に設計していきます。詳細設計で作成した設計書も了承を得られると、プログラミングに着手。実装したプログラムの単体テストを実施し、問題がなければリリース作業を行うといった流れです。案件の大きさによってはプログラミングのフェーズのみ担当する場合もあります。今後、より上流の工程を任せてもらえるように今は日々新たな知識を蓄えています。
私は性格的に、「とりあえず完成させること」を意識しています。その自覚がある分、仕事では正確かつ丁寧に望むことをいつも心がけています。私に任せてもらった仕事は、私だけではなく、所属グループや会社全体の評価にまで影響を及ぼします。意識的に正確さや丁寧さを実践するために、仕事に着手する準備段階から気を引き締めて取り組むようにしています。
徳永 大嗣
徳永 大嗣
本番リリースで障害発生。
周囲の支えで乗り越えられた。
初めて基本設計から本番リリースまで主担当として進めた案件は、今でも忘れることができません。本番リリース日までは順調だったのですが、リリース作業時やリリース後になって障害が立て続けに発生。再リリース時には夜間の稼働確認に立ち会うこともあり、精神的にも肉体的にも追い込まれていきました。しかし、先輩が親身になって相談にのってくれたり、解決策を一緒に考えてくれたおかげで、何とか正常に稼働させることができました。
当社は、社会インフラのひとつである電気を安定供給し続ける関西電力のIT部門のサポート役を担っています。そのため、システム障害が発生したら、当社のみならず関西電力の社会的信用を失いかねません。それだけ大きな責任が付随している仕事だということを当社に入社して改めて実感しています。
現在はプロジェクトの下流工程を担当していますが、経験を重ねて上流工程を任せてもらえるようにステップアップしていきたいと考えています。いずれはプロジェクトマネージャーになり、プロジェクト全体を担えるようになることが目標です。また、データ分析を用いた仕事(データサイエンティスト)にも興味をもっており、いつかチャレンジしてみたいと思っています。
ある1日のスケジュール
グループメンバーで
朝の挨拶。
メールをチェック
ミーティング。
業務進捗・連絡事項を
メンバーと共有
案件の進捗会議
昼食&休憩
上司とのレビュー(打ち合わせ)。
指摘事項・修正事項の確認、レビュー結果報告書作成。
今後の業務方針について
先輩と打ち合わせ
グループメンバーで終礼。
残業の有無の確認
業務を整理して退社