トピックス

  • 商品サービスに関するお問い合わせ入力画面はこちらお問い合わせフォーム

大阪都心部最大級の新データセンターを建設

2010年6月7日
関電システムソリューションズ株式会社

システムの企画から開発、運用保守までシステムライフサイクルをフルサポート

関電システムソリューションズ株式会社(代表取締役社長 北本 浩之/本社 兵庫県西宮市)は、大阪市内に新データセンターを建設します。
新データセンターは、最先端のグリーンIT技術を備えた、地上9階、延床面積約12,000㎡の面積を持つデータセンター専用ビルとして、2011年秋からサービスを開始する予定です。

新データセンターでは、システムの企画から開発、運用保守までシステムライフサイクルをフルサポートする事で多くのお客さまにご利用いただくとともに、関西発のクラウド拠点として、当社のクラウドサービスの一層の拡充を図り、さらにクラウドサービスの展開を計画されている事業者さまにもご活用いただけるよう取り組んでいきます。
また、関西電力グループが推進する「関西電力グループ長期成長戦略2030」において、グループIT基盤の拠点として位置付け、成長戦略の実現をサポートしていきます。

新データセンター(完成イメージ)
新データセンター(完成イメージ)

当社データセンターサービスの特長

<交通アクセスに優れた立地>
大阪都心部の交通アクセスに優れた場所に位置し、有事の際の駆けつけやシステム運開時の頻繁な訪問等に大変な利便性を発揮します。
<安定した電力供給と広い設置スペース>
大規模な企業情報システムを移設できるスペースと安定した電力供給をご提供します。また大阪都心部のデータセンターとしては、最大級のスペースを誇り、将来の増設計画にも柔軟に対応が可能です。
<関西電力グループを支える運用力とSI力>
IT機器をお預かりするだけではなく、約40年間にわたり関西電力の基幹系業務を支えてきた運用ノウハウを活かし、システムの企画から開発、運用保守まで、お客さまのシステム環境を高いレベルでフルサポートします。
<データセンター専用ビルによる高いセキュリティ>
高度なセキュリティ対策を施したデータセンター専用ビルでお客さまの重要なシステムを安全に設置/運用します。
<地球環境に配慮したグリーンIT設備>
自然エネルギーの利用や高効率空調システムにより、国内最高水準であるPUE1.4を実現します。(一般的なデータセンターと比較して、CO2排出量をおよそ44%削減)
注) PUE: Power Usage Effectiveness(データセンターのエネルギー効率を示す指標)
・フリークーリング
:室内空調機から戻ってくる水が熱源機に入る前に冷却塔で予冷し、熱源機の負荷を軽減
・外気冷房
:低外気温時に、外気を利用して機器発熱を廃熱
・キャッピング方式
:ラック列間の通路を壁で区画し、IT装置への給気(低温)と排気(高温)を物理的に分離する効率的な空調方式
・太陽光発電
:ビル屋上の防音壁の壁面に太陽光発電システムを設置

新データセンターの概要

●所在地
大阪府大阪市
●建物
SRC(鉄骨鉄筋コンクリート) 造、免震設計9階建
延床面積11,526㎡(約1,300ラック)、床耐荷重1,000kg/㎡
コンピューターに考慮したN2消化設備、超高感度煙感知器
●セキュリティ
24時間有人セキュリティチェック
生体認証+非接触ICカード+共連れ防止セキュリティゲート
●電源
特別高圧22kV3回線スポット受電設備
無停電電源装置CVCF:並列冗長方式(N+1)
●非常用発電機
重油式N+1構成、48時間連続運転可能な燃料貯蓄
●空調
フリークーリング+外気冷房+床下吹き出し方式、空冷中央熱源方式

当社の概要

■関電システムソリューションズ株式会社

1.【代表取締役社長】
北本 浩之
2.【所在地】
兵庫県西宮市笠屋町26番2号
3.【設立】
平成16年10月
4.【資本金】
9,000万円(関西電力(株)100%出資)
5.【主な事業内容】
情報システムおよび電気通信システムの開発・運用・保守
6.【ホームページ】
http://ks-sol.jp/
【報道機関の方】
ソリューション事業本部 ソリューション企画部 商品企画グループ
tel:06-6449-4262(担当:平野)
【お客さま】
ソリューション事業本部 法人ソリューション事業部
tel:06-6449-4263
この件に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまで

※なお、この報道発表は、以下において同時に行っています。

  • 大阪機械記者クラブ

この件のお問い合わせはこちら