ソリューション紹介

コンサルティング

コンサルティング
ITコンサルティング
インフラコンサルティング

アプリケーション

フロントオフィス
顧客関係管理(CRM/SFA)
統合ECソリューション
バックオフィス
会計
人事給与
販売・生産管理
企業業績管理/BI
コミュニケーション
ユニファイドコミュニケーション Lync
会議室予約・受付支援
企業ポータル
WEB会議システム
スマートデバイスソリューション
業務アプリケーション/
アプリケーション開発
プロパティマネジメントシステム
電力系ソリューション
アプリケーション開発

データセンター&
プラットフォーム

データセンター&
プラットフォーム
データセンター
KS Solクラウド
ソリューション
ネットワーク・インフラ構築

アウトソーシング

アウトソーシング
システム運用保守
IT運用アウトソース

情報セキュリティ

情報セキュリティ
コンサルティング・監査・検査
クライアントセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
  • 商品サービスに関するお問い合わせ入力画面はこちらお問い合わせフォーム

クライアントセキュリティ情報セキュリティ

  • 導入事例
  • 概要・特長

概要

外部からの侵入や、内部からの持ち出しなど、情報の漏洩が発生するルートは多種多様です。
特に、内部からの持ち出しについては悪意ある場合はもちろん、持ち出した社員自身に罪悪感が無い場合も多々あります。

しかし悪意の有無にかかわらず、情報漏えいは企業の信用を失墜させるばかりか、補償問題への発展、それらへの対応など、企業運営に大きな打撃を与えることは間違いありません。

またコンプライアンスの観点から違法ソフトウェアの導入なども注意すべき必要があります。

関電システムソリューションズでは、IT機器の管理を厳密かつ効率的に行い、必要に応じ操作を制限することはもちろん、万が一インシデント発生の際にはその漏洩ルートを特定するための操作履歴を保持するなど様々な側面から企業を情報漏えいのリスクから守るソリューションをご提供いたします。

特長

いつ、だれが、どのIT機器を使い、どのような情報を利用したのかを管理することが、セキュリティ対策の基本です。

■情報にアクセスする人の管理

誰もが情報やそれを扱うIT機器に自由にアクセスできる環境は、業務の効率化に繋がるのかもしれません。しかし、不必要な情報にまでアクセスできる状態を容認することは、情報漏えいリスクを高めるだけであり、利用する人に情報管理の責任を委ねているだけです。
このような状態は、企業としての責任を果たしているとは言えません。
社外の人が容易に社内の情報にアクセスできない環境。社内の人(誰が)情報にアクセスしたのかを特定できる環境の構築はセキュリティ対策を行ううえで、極めて重要です。

■情報を扱うIT機器の管理

情報漏えいが、発生する水際での対策として、端末セキュリティが重要なのは、言うまでもありません。
しかし、情報セキュリティを行うには、

  • どのようなIT機器があるのか?
  • どのようなソフトウェアがインストールされているのか?

といった基本的な情報がなによりも重要です。

■情報の管理

情報を社外に一切ださない状態を整えれば、情報漏えい発生のリスクは極端に小さくなります。
しかし情報化が進む昨今では、非現実的な対策です。
そこで、業務への影響を最小限にとどめつつ

  • データの持ち出し行為の制限
  • データの持ち出し時の暗号化
  • データの持ち出し状況の監視

などの対策を行うことで、漏えいリスクを最小化するとともに、インシデント発生時の証跡調査が可能となるよう操作履歴を保持・検索可能な状態にしておくことが重要です。

商品・サービスに関するお問い合わせはこちら、電話番号 0671767600、受付時間 月曜日から金曜日(祝祭日除く) 9時から17時30分
お問い合わせフォーム