ソリューション紹介

コンサルティング

コンサルティング
ITコンサルティング
インフラコンサルティング

アプリケーション

フロントオフィス
顧客関係管理(CRM/SFA)
統合ECソリューション
バックオフィス
会計
人事給与
販売・生産管理
企業業績管理/BI
コミュニケーション
ユニファイドコミュニケーション Lync
会議室予約・受付支援
企業ポータル
WEB会議システム
スマートデバイスソリューション
業務アプリケーション/
アプリケーション開発
電力系ソリューション
アプリケーション開発
超高速開発ツール/Web Performer

データセンター&
プラットフォーム

データセンター&
プラットフォーム
データセンター
KS Solクラウド
ソリューション
ネットワーク・インフラ構築

アウトソーシング

アウトソーシング
システム運用保守
IT運用アウトソース

情報セキュリティ

情報セキュリティ
コンサルティング・監査・検査
クライアントセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ

イノベーション

イノベーション
RPA(Robotic Process Automation)
超高速開発
  • 商品サービスに関するお問い合わせ入力画面はこちらお問い合わせフォーム

サービス残業防止支援システムアプリケーション

勤務時間の「見える化」で労働時間を厳正に管理!

勤怠管理システムとパソコンログのマッチングで、勤怠の『申請』と『実態』の乖離をチェック。差異発生時の自動メール発信と差異理由の確実な管理で、サービス残業を防止します。

システムの概要と主な機能


※勤怠実績、PCログ等は、お客さまによりご準備をいただきます。

導入実績

2017年下期より本格的に販売を開始し、以下のお客様で試運用、本格運用を開始しております。

導入企業 従業員規模
関電グループ企業 700人
関電グループ企業 700人
SIer 150人
電力系企業 6,000人
製造業 800人
電力系企業 3,500人

2018年5月現在

システム導入効果

サービス残業防止支援システムの導入によって 差異把握をシステムで自動化する事によって管理にかかる手間を大幅に削減できます。 社員の休日勤務、深夜勤務の見逃しが無くなります。 勤怠データ、勤務実態データなど、必要に応じてシステムからデータを取り出すことができます。

FAQ(よくあるご質問)

●突合せ処理について

A.本人から勤怠管理システムへ申請された勤怠実績データ(始業時間・終業時間)と、取得した勤怠実態データ(PCログや入退室時間)を比較して、差異の有無を判定します。
本システムは勤怠実績データ「始業・終業時刻」に対して、2種類までの実態データの突合せが可能です。
実態データの例としては「PCログ」「システム上の打刻」「入退出記録」「タイムカード」などのデータが考えられますが、実態データが1種類あれば、突合せが可能となります。


A.毎日夜間(~早朝)処理にて、「前日分データ」を対象として突合せを行います。
(例えば、3月31日の勤怠実績の突合せは4月1日の早朝に処理されます。)
「前日より前のデータ」を対象とするなど、突合せ処理のタイミングを勤怠管理システムの使われ方に応じてカスタマイズ(有償)することが可能です。詳細はお問い合わせ下さい。


A.PCを全く使用しない場合は、勤怠実績も勤務実態データも無く、乖離チェックできないため、「登録不要」扱いとなります。PC利用実績があるケースでは、始業時または終業時の乖離チェックにて「差異あり」と判定され、アラートメールの送信対象となります。
勤怠実績データに出張理由データを含めることが必須条件ですが、直行・直帰出張時の乖離チェックを除外するオプション(無償)もあります。


A.始業・終業時のそれぞれに対し、分単位で設定することができます。


●アラートメールについて

A.アラートメールが送信されるタイミングは以下の通りです。(①乖離アラート、②督促アラート)
 ①勤怠実績日の翌日 ⇒ 乖離判定された場合に担当者および上長へ送信される。
 ②翌週火曜日 ⇒ 前週分以前のデータで未登録や未承認があった場合に上長のみへ送信される。
 ③毎月1日 ⇒ 前月分以前に未登録や未承認があった場合に上長のみへ送信される。


A.担当者宛のメールは、エラーが複数原因ある場合、1つのメールにまとめて送信されます。上長についても、複数の所属員に差異が発生している場合、1つのメールにまとめて送信されますが、集約単位が所属毎であるため、兼務されている場合は複数メールに分かれます。


A.何日分かによらず、未承認データが1件でも存在すれば、未承認データがある旨の固定文言の内容で1通のみ送信されます。


A.上長宛メール宛先は、所属コード単位でメール送信対象の職位の役職者が自動設定されますが、例えば、4月1日(3月31日実績突合せ処理日)に異動があった場合、4月1日時点の当該所属に属する役職者宛に送信されます。大規模な組織改正など所属コード自体が変わってしまう場合(旧所属コードが使われない場合)、4月1日の上長宛メールは送信されません。


●PCログについて

A.お客様のPCにログ収集ツールをインストールしていただく形となります。そのツールはPC起動中にログ収集サーバに対して通信を行い、そのログの最早・最遅時間を突合せ処理に使用しています。


A.パソコン起動中はPCログが取得され続けるため、業務継続中と見做し、アラートメール送信対象となります。但し、1日の切れ目をAM5時(設定時刻は任意)にしていますが、この時間をまたぐとPCログが2日分生成される事となり、正しい判定が出来ません。


●システム環境について

A.「勤怠管理システム」と「サービス残業防止支援システム」はCSVファイルの連携をベースとしており、定められたフォーマットで勤怠実績データを連携いただければ、どのような勤怠管理システムでも構いません。


A.トランザクション発生特性から本システム専用に1台のサーバ構成を推奨しています。お客さまの既存のサーバーに導入する事も可能ですが、ご相談ください。


A.PostgreSQL9.4 or 9.6 または Oracle11gです。(Postgresを推奨します)


A.システム内に情報を保持する形が標準ですが、お客さま環境など確認させていただき、カスタマイズ(有償)によりAD連携やシングルサインオンなども対応可能です。


A.現状ではオンプレミスでのご提供が標準ですが、Azureなどプライベートクラウドサービスの利用も可能です。Saas化については、現在対応検討中です。


ご提供価格(税別)

価格 保守費用 ※カスタマイズ、導入に係わる
 費用は別途見積りとなります。
1,980,000円 396,000円/年
●カタログに記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
商品・サービスに関するお問い合わせはこちら、電話番号 0671767600、受付時間 月曜日から金曜日(祝祭日除く) 9時から17時30分
お問い合わせフォーム