社長と若手社員の座談会

社長懇談会 代表取締役社長 山元 康裕×新入社員

部門を越えたつながりを大切に 組織力を高めていきたい

山元
今日は新入社員の皆さんばかりだね。日頃の業務で感じていることなど、何でも自由に話してください。まずは僕から…会社の第一印象はどうでした?
社員A
一番印象的だったのは、「人財」を大切にしてくれる会社だということです。配属されていきなり、「さぁ、どんな研修を受けてみたい?」と聞いてくださり、「こんなことを勉強したいです」と相談すると、適切なアドバイスをいただくことができました。「新人なのにそこまで考えているなんてすごいな」と褒めていただいた時はうれしかったです。僕みたいな若手でも、一生懸命育てようとしてくれているんだと強く感じました。
山元
そう言ってもらえるとうれしいね。人は宝だと、つくづく思っています。先輩方を見ていてどうですか?
社員A
とてもいきいきと、楽しそうに仕事をされているなという印象です。
社員B
私の部署は女性が少ないんですけど、その分、女性同士のコミュニケーションが盛んで、定期的に女子会をしています。ちょっとリッチなレストランで食事をしながら、普段の仕事のことや悩みなどを気兼ねなく話せます。女性が少なくて寂しい半面、団結力があっていいなと思いました。
山元
いいですね。やっぱり横のつながりは大事。情報共有していれば仕事もやりやすくなるでしょ。電話だけで話をするのと顔を知っているのとでは全然違う。この懇談会には、そういう目的もあります。

成長したいという意欲が いずれ会社を動かす力になる

社員C
電力小売全面自由化に向けて、「NISHIKI」 の準備がピークを迎えており、大変だと伺っています。こうした忙しい中で、新人としてできること、学ぶべきことは何でしょうか?
山元
今は会社としても勝負の時。僕ら経営陣も悩みながら前に進んでいます。ぜひ、皆さんからも良い知恵を出していただきたい。こういう時こそ、どうすれば仕事がうまくいくか、周りを見ながら勉強できる絶好の機会だと思いますよ。
社員C
早く会社に貢献できるようになりたいと感じていますが、なかなか業務の知識もスキルも追いつかず、歯がゆい思いをしています。
山元
すぐに一人前にはなれないですが、新入社員としてできることは、今のうちに周りから吸収して学ぶこと。そうすることで、結果として、2年後、3年後には皆さんが戦力になる。周りが忙しい時に、自分だけこんな事をしていていいのかと不安に思うこともあるでしょうが、早く成長しようと努力する姿勢が、今の皆さんには大切だからね。
社員D
私も日々、実務を通して学ばせていただいています。所属する配電システム部では、システム障害から波及する停電などでお客さまにご迷惑をお掛けしないよう細心の注意を払って、維持・運用を行っているのですが、2度ほど緊急対応で現場に同行しました。その時の上司や先輩方の対応の速さ、団結力にとても驚いて…私は新人なので報告書をまとめることしかできませんでしたが。
山元
そうでしたか。報告書を書くのも勉強になるでしょ?
社員D
はい。先輩に質問しながら、現場の状況や対応を細かく時系列でまとめました。そのおかげで、だからこんなに早く問題が解決できたんだと分かりました。
山元
いずれはそれを自分でせなあかんよ(笑)。
社員D
はい(笑)。早く一人前になれるように頑張ります!
山元
先輩を追い抜けるチャンスはいっぱいあるからね。ITの仕事全般に言えることかもしれませんが、基本的なやり方や業務の流れは先輩の方が知っていたとしても、ある技術については若い人の方が詳しいこともある。ぜひ、新人が先輩に教えてやる!っていうくらいの気持ちで自分ならではの専門性を磨いてほしいですね。

世界を見据えた事業展開に 果敢に挑んでほしい

社員E
将来的に自分のスキルを高めたら、海外で実力を試したいと思っています。当社は海外への事業展開を考えていると聞いていますが…。
山元
そうですね。以前からオフショア開発(海外へのシステム開発委託)を行っています。さらに、海外から当社が作ったシステムを導入したいというニーズもあり、海外へ事業を広げていきたい。海外研修をはじめ、そうしたチャレンジに対応できるグローバル人財の育成にも力を入れています。君が、その道を切り拓いてくれるとうれしいね。ぜひ、世界を相手にできる仕事を一緒に創っていきましょう。経営者としては、社員の意欲を全力で後押しできる会社を目指します。