利用実績のない
新しい技術や
仕組みを模索中

システムエンジニア(イノベーション推進)

経営戦略本部 
イノベーション推進部 
リーダー(2018年2月時点)

長尾 聡2012年入社(経験者採用)

現在の仕事内容とやりがい

システム開発技術の調査・研究、開発業務の支援ツール開発、他部署への技術支援等を担当しています。現在取り組んでいるのは、システムで利用しているデータベースやサーバ、ツールなどのソフトウェアのセキュリティ脆弱性情報をインターネットから自動収集して、開発者に通知するシステムの開発です。社内で利用実績がない新しい技術や仕組みの活用方法を模索し、システム開発業務で利用してもらうことを通じて、開発作業の効率化やシステムの品質向上に貢献できることにやりがいを感じています。

当社での今後のビジョン

システム開発技術について幅広い知識を身に付けた上で、お客さまの業務や既存のシステムを全体最適化の視点で分析し、お客さまにとって有益なシステムの構築を行うことができるエンジニアになりたいと思っています。そのためには、情報技術だけでなく、コンサルティングやコミュニケーションの能力も必要ですので、会社から補助を受けることができる研修制度や通信教育を有効に活用して、スキルアップをしていきたいと思っています。

当社に入社を決めた理由

当社は「フルサポート」を標榜しているとおり、コンサルティング、インフラ構築、システム開発の上流工程から開発・導入、保守・運用まで幅広く手掛けており、自社のデータセンターも保有しています。
そのため、システム開発企業としての総合力や安定性が非常に優れていると感じましたし、様々なスキルを持った社内のエンジニアと共に仕事をすることで、自分自身の知識・経験を広げ、成長していくことができると思い、当社に入社を決めました。

入社してから苦労した経験

上流工程においてお客さま側が主導となる要件定義工程がなかなかまとまらず、開発工程に入ってからも仕様変更が繰り返されたことによって、納期直前まで開発作業に追われることになってしまったことです。この経験から、お客さまの業務内容を理解し、システム開発側の視点で要件定義を積極的にサポートすることの大切さを学ぶことができました。

1日のスケジュール

担当プロジェクトや工程によって様々なのですが、現在は、手がけているシステムの社内トライアル運用を行っており、午前はユーザからの問い合わせ対応、メールチェック、プロジェクト全体の進捗状況の確認等を行います。
午後はメンバーの作業フォロー、問題・課題の検討や対応、関係各所との打合せ等を行います。やるべきことが多く忙しい毎日ですが、時間が経つのがあっという間で充実した日々を送っています。

休日や定時後の時間の過ごし方

5歳の長女を筆頭に小さい子供が3人いるので、仕事以外の時間は家事・育児をしていることがほとんどです。それ以外では、たまに趣味のスケートボードの練習をしたり、英語の勉強をしたりしています。休暇は比較的自由に取れるのでプライベートの時間はしっかりと確保できていますし、今後、育児休業制度も利用したいと思っています。

就職活動生へのメッセージ

クラウドやAI、IoT等、新しい技術を活用してデジタル変革を推進する企業が増えており、
これまでのIT業界における固定観念や、既存の慣習にとらわれない考え方・手法が求められる時代に入ってきています。
この変革期に、デジタルネイティブの若い皆さんの思考は、当社にとって非常に貴重ですし、新しい考え方を受け入れ、一緒に形にしていくことができる土壌がある会社だと思います。共に働きましょう!

エントリーする