企業業績管理/BI

  • 導入事例
  • 概要・特長

導入事例1 情報・通信サービス業

プロジェクト管理のリスクを収支の観点からデータ分析、経営の健全化、安定化を実現

導入の背景

  • 売上げ重視から利益重視へ経営方針転換
  • 会計基準変更への対応
  • プロジェクト件数増加に伴うリスクの発生
  • 競争激化による低価格化によりコスト管理の重要性の高まり

導入のポイント

  • 短期間/低コストでの導入
  • 段階的導入で利用率アップ
  • 複数基幹システムからのデータ統合
  • マニュアル不要のGUIによる各職場での活用

導入効果

  • 原価オーバー案件の早期発見によるリスクの回避
  • リアルタイム分析による迅速な対応
  • プロジェクト進捗状況の可視化
  • 月次決算、経営管理資料の作成早期化と工数削減

お客様の声

「データ集計が手作業から解放されて迅速化したことで、全社レベルで今年の売り上げがいくらになりそうか下期に入ると予測を立てることができる。同時に、大規模プロジェクトでリスクが高まっている案件はないか、あったとしたらその原因が何かを迅速に把握でき、ただちにアクションを起こすことができます。経営の安定化、健全化に貢献するしくみといえます。 また、全社規模で情報が共有されたことで、"うちのチームは外注しすぎなのでは?"といった気づきが生まれ、チーム毎の業務改善が進んでいます」

導入事例2 医療機器製造業

販売管理、CRMの各システムのデータの分析による戦略立案で営業のポテンシャルアップ!

導入の背景

  • 社内に存在する貴重なデータをより戦略的に活用したいという経営層のニーズ
  • 分析帳票を作成する手間の低減を狙いたい
  • 的確なマーケット把握と営業戦略の立案というニーズ

導入のポイント

  • 弊社が作成したプロトタイプを手本としたユーザ自身による分析帳票の作成・展開
  • 販売分析、会員分析、問合せ分析、キャンペーン結果分析など多様な分析
  • 複数の基幹システムからのデータ統合により、DWHを構築し、多彩な分析が可能な環境を実現

導入効果

  • 実績の分析に基づいた正確な営業戦略の実施
  • 全社レベルでの競合他社の客観的な状況把握によるマーケティング施策の実現
  • 複数のシステムにまたがるデータを有機的に結合でき、奥の深い実績分析が可能

お客様の声

様々な情報を、主管部のユーザー自身の手で切り出し、提供・活用できるようになり、データの鮮度と迅速性が格段に向上した。
正確なデータによる、戦略的なマーケティング施策が打てるようになった。
分析帳票を、CSVファイルなどを元にして作成する手間から解放され、業務効率が向上した。

商品・サービスに関するお問い合わせはこちら、電話番号 0671767600、受付時間 月曜日から金曜日(祝祭日除く) 9時から17時30分
お問い合わせフォーム